トップページ > > マリア・シャラポワ。冬のソナタ切手。ウィンブルドン惜敗

マリア・シャラポワ。冬のソナタ切手。ウィンブルドン惜敗



テニス界のスーパースター

ウィンブルドンの4回戦までの戦いは、とても余裕があった。世界に放送される自分の姿の方が気になっている様子かみうけられるくらい。しかし、準決勝は、とてもハードな戦いだった。ビーナスは雪辱を心に期して、この一年を過ごしてきたに違いない。 ▼試合の後、インタビューがあった。 負けた選手に対するインタビューそのものが異例だと思うが。 シャラポワとしては、まだまだ、するべきことが多いが、 どんなに完全に準備しても、ウィンブルドンで結果を出すことは、(神の決めること?)のような発言があった。


■新貴公子(主演 チェ・ジウ他) 第5話 忍び寄る影の3

★ここで、チェ・ジウのファッション。 サングラスが、真っ黒の、まん丸のレンズでした。これを見て、「ラスト・エンペラー」のあるシーンを思い出しました。 皇帝溥儀が辛亥革命で、紫禁城を追い出される時。 それが始めて紫禁城を出るときだったのです。 その時、溥儀皇帝がしていたサングラスが、同じ形のサングラスでした。

もともと、ある髪型をしていると、(ロングヘアー)チェ・ジウさんは、中国娘さんの雰囲気になります。

スジンさんに、地図を持たせたのが、良くなくて、田舎道で迷います。 舗装の無い道、柔らかそうな赤土、たけの高い青い草原。 見ている人に、車が道を外したら、スリップして動きがとれなくなると、予感させます。 その通りになります。 そして、草原で大喧嘩。

大体、来る道すがらも、 ヨンナム氏はスジンにゴマをすったりしませんでした。 それがとても不満そうでしたらから、 喧嘩も険悪。 そこへ雨。 ぬれてどんどん柔らかくなる道、ハイヒール。 とても辛い状況です。 何時になったら、シャワーを浴びて、着替えできるかな。 なんて先のことまで考えてしまいますでしょう。 しかも、携帯もなくて、電話の掛けられるところまで、時間がかかりそうです。

雨が急に強くなりました。 そしたら、スジンには意外。 ヨンナムは自分の上着を、「傘の代わり」と言って、雨から守ろうとかざしてくれます。 それから、心が少し和らいでいきます。