中辛カレーのレトルトカレー集です。牛肉ビーフを集めました。


ビーフの中辛が一番多い

レトルトの食品製品で一番多いのがビーフ牛肉を使った中辛口です。 それは牛肉が豚肉や鶏肉と比べて肉質がしっかりしていることと、牛肉が世界で最も手に入り安い肉素材だということ、それと、シチューものでは、牛肉が一番好まれていることから来ています。

■中辛 ビーフ
横須賀、レトルトカレー、海軍カレー、シティガス
横須賀、レトルトカレー、海軍カレー、シティガス。軍隊ではすばやく食べられるカレーライスが人気でした。よこすか海軍カレーはジャガイモ・人参・玉ねぎ・牛肉又は鶏肉を入れるのがレシピ。古敷谷のよこすかカレーはこれにマッシュルームを入れました。

飛騨牛、レトルトカレー、ビーフカレー、吉田ハム
飛騨牛、レトルトカレー、ビーフカレー、吉田ハム。おいしい飛騨牛の肉が見た目にもゴロゴロと入っています。たっぷり入っていて大満足。食べてもおいしさを堪能できます。 牛肉の量が多い。飛騨の新鮮な水と空気で育った良質の飛騨牛。1食分に約100g

元祖、レトルトカレー、三田屋総本家ライスカレー
元祖、レトルトカレー、三田屋総本家ライスカレー。肉の三田屋総本家が、安心、安全で美味しい肉を使用した三田屋 総本家カレーシリーズ。兵庫県三田は全国的に有名な肉の産地。はざま湖畔を発祥の地とする三田屋総本家。肉の畜産から加工販売

ハウス、レトルトカレー、印度風、牛ひき肉のキーマカレー
ハウス、レトルトカレー、印度風、牛ひき肉のキーマカレー。牛ひき肉、たけのこ、グリーンピース、トマト入りのカレー。袋の封を切らずに熱湯の中に入れ3〜5分沸騰させます。又は手鍋などにあけて温めます。クミンなどのピリッとした辛味のスパイス。

中辛口レトルトカレー、和牛のルー・ド・メール
中辛口レトルトカレー、和牛のルー・ド・メール。熱湯で5分位湯煎する。180グラムパック。レトルトカレーもここまで進化。辛さは中辛ですが、お子様でも召上れます。 ルー・ド・メールの鈴木正幸オーナーシェフが監修。賞味期限:常温で6ヶ月内

ロイヤルシェフ、レトルトカレー、業務用ビーフ
ロイヤルシェフ、レトルトカレー、業務用ビーフ。じっくりと煮込んだ上質のビーフ&オニオン。なめらかに仕上げたフォン・ド・ボーソース。マッシュルームを加えた高級中辛ビーフカレーです。お手頃価格。5袋入りのセットです。封を切らずに、熱湯にいれる。

ハウスのレトルトカレー、南印度風トマトのビーフカレー
ハウスのレトルトカレー、南印度風トマトのビーフカレー。さっぱりした中にピリッとしたスパイスの味が食欲をそそる。袋の封を切らずに熱湯の中に入れ3〜5分沸騰させます。又は封を切って鍋にあけて直接コンロで温めます。唐辛子の辛味が効いた南インド風

リーガロイヤルホテル、レトルトカレー、欧風ビーフ
リーガロイヤルホテル、レトルトカレー、欧風ビーフ。長年の経験をもとに何種類ものスパイスを絶妙なバランスで配合した味わいです。牛肉たっぷりの欧風ビーフカレーは深いコクとまろやかさを引き出しました。バターライスと添えるとレストランの味わい。

レストラン・ドンピエール監修、レトルトカレー
レストラン・ドンピエール監修、レトルトカレー。レトルトカレーはよくあるスーパーに並ぶものから、ホテルレトルト、地域限定系などいろいろ試してるけど、これはいままで食べたレトルトの中で1,2位を争うくらいおいしいという。インターネット上


Warning: require() [function.require]: URL file-access is disabled in the server configuration in /home/users/1/lolipop.jp-dp41030172/web/curry/index-chbe.php on line 43

Warning: require(http://access-seo.com/natool/adsense.txt) [function.require]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/users/1/lolipop.jp-dp41030172/web/curry/index-chbe.php on line 43

Fatal error: require() [function.require]: Failed opening required 'http://access-seo.com/natool/adsense.txt' (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/1/lolipop.jp-dp41030172/web/curry/index-chbe.php on line 43